バルサ電動機



丸鷹 ゼロ戦


(製作編)

シリーズ
丸鷹のハーフAシリーズは、ピッツ/ムスタング/コルセアと製作して飛ばした。軽量メカとリポ電池のお陰でどの機体も良く飛ぶ。先日、15年ぶりにタイヨーゼロ戦を作って飛ばした。デフォルメされているとはいえ飛ぶ姿はなかなかのもの。そんなことでハーフAシリーズのゼロ戦を作ることにした。
この機体は時々オークションに出品されるが結構な値段で落札される。どうしようかな〜と考えていると、おもちゃの町の正太郎さんが持っているのを思い出した。図々しく譲って欲しい旨のメールを送ったところ快く承諾して頂いた。お礼は次回の来福時のおもてなしとすることにした。感謝!
キットの状態は良好、カウリング、キャノピーも問題なし。
製作方針
1)引込脚をどうするか?経験的に10クラスの引込脚は脆弱で着陸時に破損する可能性が高い。コルセアを飛ばしてみると上空では意外に脚は気にならない。ということで悩むことなく固定脚を選択。
2)ラダーはどうするか?もともとラダー固定が想定されている。コルセアではラダーを可動にしたので着陸時の操作が容易。尾輪も可動なので離陸も容易。よってゼロ戦もラダー可動式を選択。問題はラダーへのリンケージ。ラダーは水平尾翼よりも高い位置にあるのでリンケージが水平尾翼の上を通ることになり見栄えが悪い。コルセアも同様であるが、コルセアの場合はラダーのヒンジラインが水平尾翼よりも前方にあるのでリンケージを内装する充分な空間がある。ゼロ戦には充分な空間が無いので内装式は難しい。思案のしどころ。
3)主翼は他の機体と同様にフルプランクにする。フイルムはオラライトの白を使用してスプレー塗装。
4)付属のバルサ材は重いので軽量バルサに置き換える。
・・・といったところか。(2019年6月6日)
胴体
製作開始。胴体は丸胴になっているのでスケール感があるが、製作は難しくなる。基準面がないので治具を使わないとすれば目視に頼るしかない。さらに難しくするのが、バルサの質と精度。ハードバルサが使用されているが、硬くて胴枠に沿わせて湾曲させるのがほぼ不可能(水分を与えても)。無理すると割れる。胴体の下部のバルサを手持ちのバルサに交換。左右2枚で17gだったが交換すると7g。胴体のプランクはすべて交換する必要がある。
骨格を構成する3×3mmの角バルサ、何も考えずに接着すると胴体が捻じれてしまう。一端は3×3だが他端はそれ以下となっていた。隙間をスクラップバルサで埋めて辻褄を合わせて捻じれのない状態にした。
ラダーのリンケージに悩んでいたがM村さんからテトラのゼロ戦はワイヤー式との情報をもらった。見栄えも悪くないようだ。ワイヤー式を検討する。バルサの件やリンケージのことなど、この機体を完成させるには色々とクリヤすべき点が多い。マルタカのキットはこれが楽しい。(2019年6月9日)
主翼
胴体の主翼取り付け部の周辺の構造が分かり難いので先に主翼を作ることにした。
フルプランクなのでまずは1.5mmバルサを接着して幅広にして主翼形状にカット。このプランク材の上にリブの位置を書き込んだ。これで図面なしで組むことができる。もちろん表面側はサンディングしておく。
主翼リブはフルプランクに対応して不要となる部分をカット。周縁をサンディングして翼型を整えた。
関連する部材を揃えて準備完了。(2019年6月12日)
開始
エルロンは2サーボにする予定だったが、付属のトルクロッドの重さは12g弱。2サーボにした場合、サーボマウント、主翼側の補強、サーボコードなどが加わるので余りメリットが無いと判断して1サーボを選択。、そうなると工作が楽になるので作業がはかどる。
上面プランク材を定盤上に置いて、これにリプを接着。前縁材、補助前縁材、後縁材は軽量なのでそのまま使用。
下面側には主脚の取り付け用の堅木をエポキシで接着。前縁中央にはダウエルを差し込んで接着するための受けを形成。
最後に下面プランク材を瞬間とタイトボンドを併用して接着。図面上指定は無いが、ねじり下げをつけておいた(2度位か?)。
主翼完成
左右翼はカンザシを使って接着(オリジナルはテープを巻いて接着剤で固めるとある)。上反角は左右翼端で35mm。ここはエポキシ接着でしっかり固定。
翼端は5mmの軽量バルサで埋めた。重量増は片側2gで重量への影響は少ない。
これで主翼完成!フルプランクなので剛性大。(2019年6月15日)

<戻る>