<ホームへ戻る>


ホルテン1

     (製作編)

ハードルを上げて
無尾翼機は、萱場A3号→ホルテン3と製作。萱場号では初飛行の難しさを経験、ホルテン3ではドラッグラダーの有効性を確認できた。ホルテン3はモータ付なので上手く飛んで当たり前かも。
今の飛行場は土手ソアリングを楽しめる好立地。この地の利を生かして、無動力の無尾翼機に挑戦。
機体は一条氏設計のホルテン1、今回はオリジナル通りSカンバー翼で製作する予定。逆Rのフイルム張りが課題。ドラッグラダーを採用するので滑らかな旋回が可能、飛行性能は問題ないはず。(2015年11月27日)

<ホームへ戻る>