グライダー

 


シラントロ  F5J-2000クラス競技用機、良く飛びます。 
アトラスコメット 無尾翼機、初飛行も無事に済んで40年越の夢が叶った。廃棄
カシオペア セラDS-X  スロープ機が欲しくなり製作。レーザカットで再現された薄翼で風の中をどんどん進んでくれます。翼幅1.5mで400g強、6サーボ搭載のハイテク機(?)です。 →重心設定→お嫁入り
スカイモデリング アリゼ  アーバンXCの後継機、アーバン並の浮きの良さに加えて高い進入性で大空を駆け回ります。 サーマル環境→フラッター→修理
ホルテンV 昔から憧れの全翼機、垂直尾翼なしで上手く飛ぶか?
基本構造完成→フイルム貼り完了→完成→初飛行成功→調整中→測定→お嫁入り
アーバンXC 2号機 サーマル機としてお気に入りの機体であるが1号機はかなり草臥れてきたので2号機を製作。
完成!良い機体です→空中衝突→復活→高度計 運用→お嫁入り
萱場式A3−1号 データベース化で発掘した無尾翼機。垂直尾翼があるので飛ばし易いと思うが・・・どうなることか。
パイロット交代→久しぶりに廃棄
サーマル工房「ミニモア」 翼幅3.4mの大型機、良く飛びます。
整備→4セル化→好調
ダイナフライト「タロン」 完成→初飛行→山で行方不明、復活廃棄
テトラ「HAWK15N」 強風時に飛ばせる機体があれば良いな〜ということで導入。→お嫁入り
サーマル工房「ライハー」 翼幅2.5mの第2弾はサーマル工房「ライハー」に決定。ガル翼が特徴の古典機。→お嫁入り
サーマル工房「アーバンXC」 飛行場の環境に合わせて大型の電動グライダーを製作することにした。
今度はエルロンサーボ故障。→お嫁入り
ヨシオカ「クリスタルLONG」 飛行場では根性無しと言われるのは必至であるが、軽量の機体で少し高いところでサーマルを探すのが面白いと思って入手。→お嫁入り
サーマル工房「プレスト」 自作CD−ROMブラシレスモータ用に製作。レーザカットにより精度が高く、プラモデルを組み立てるような感覚の機体。→お嫁入り

 

 

 

<ホームへ戻る>